【ウインディーグループ】人材紹介・仕事紹介・人材サービス

三重県の派遣・紹介予定派遣・職業紹介でお仕事をご紹介

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事のマッチング

人材派遣

ジーニアスでは、クライアントニーズを明確にし、最適な人材を探すために、スキルなどの条件面に加え、クライアントの価値観を的確に把握することに務めます。また、社内外につながる人的ネットワークだけではなく、経験から蓄積された社内データベース、社外協力者、独自のノウハウを持つ調査企業との連携など、豊富な各種情報源から候補者をサーチしていきます。


ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
スポンサーサイト

派遣で働く女性

人材派遣

ディップ株式会社が人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」において、「はたらこねっとユーザーアンケート-派遣社員の妊娠・出産後の仕事編」を実施したところ、派遣で働く女性の71%が、出産後3年以内の仕事復帰を希望していることがわかった。しかし、80%の女性が妊娠・出産後の仕事に不安を感じていることも明らかになった。

■出産後3年以内に仕事に復帰したいと答えた人が71%に対し、実際に復帰しているのは33%

「出産後、いつお仕事に復帰したいですか?」という質問では、「半年以内」が10%、「1年以内」が31%、「3年以内」が13%となり、70%以上の人が3年以内に復帰したいと考えていることが分かった。しかし、出産後仕事に復帰した人に「出産後、いつお仕事に復帰しましたか?」という質問をしたところ、実際に「半年以内」「1年以内」もしくは「3年以内」に復帰したと答えたのは33%に留まり、「子供が大きくなってから復帰した」が25%、「専業主婦になった」が23%という結果になった。

■派遣で働く女性のうち、80%が妊娠・出産後のお仕事について不安を抱えている

「妊娠・出産する上で、派遣でのお仕事に不安を感じますか?」という質問に対し、「とても感じる」と答えたユーザーが47%、「すこし感じる」が33%となり、合計で80%の人が不安を感じていることが分かった。「どんなことを不安に思いますか?」という問いに対しては、「契約が更新されるのか」「次の仕事がすぐに見つかるのか」といった妊娠・出産後の仕事の継続に関する不安が最も多く、次に「産休・育休が取れるのか」「同じ職場に戻れるのか」という結果となっている。

■妊娠・出産を経験された女性の、実際に行った対処と努力

 実際に妊娠・出産後、仕事へ復帰した人に「仕事面での不安に対して行った対処、工夫など」を聞いたところ、「派遣会社とのコミュニケーションを密に行った」などの声が寄せられた。


【ユーザーからの声 一例】




・育休がなかったので出産後は派遣会社にマメにコンタクトを取り、今募集されている仕事の中で条件に合った仕事の有無を確認して、タイミングが合えば働く意思を伝えていました。


ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介

正社員と非正規との違い

人材派遣

「正社員をなくしましょう」

 慶應義塾大学教授で、人材派遣のパソナグループ取締役会長の竹中平蔵氏がTVの討論番組でこのように発言したことが、大きな反響を呼んでいます。

【詳細画像または表】

 竹中氏の主張は、「日本の正社員は世界の中でも異常に保護されている」→「それが雇用の流動化を阻害している」→「だから、正社員をなくしましょう」――というもの。

 討論番組のオンエア中から、暴言である、サラリーマンに対するアベ・ハラスメントである――といった批判的な意見がネット上では多く見られました。

 こうした批判が上がる背景には、日本人の強い正社員志向が感じられます。そこで今回は、正社員と非正規社員の間にある「壁」の問題と、その壁の高さの変化などについて考えてみたいと思います(竹中発言についても言いたいことがありますが、それはまた別の機会に書きたいと思っています)。

■ 「誰もが正社員になりたい」はやや乱暴

 さて、正社員については、法律で明確にはされていません。が、一般的には、期間の定めのない雇用契約で働くこと。対する非正規社員は、契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員のように期間を定めた雇用契約で、正規社員と比べて自由度を持って働くことができるワークスタイルを指します。

 問題は非正規社員と正社員に厳然たる「高い壁」があること。非正規社員はなかなか正社員にはなれない。非正規社員は正社員より収入が低い。ゆえに、格差が広がる――という論がよく見られます。

 誰もが正社員になりたいのに、かなわない。あまりに不憫だ……というような記事も多くのメディアで展開されました。

 しかし、ここで高い壁について考える前に、ひとつの疑問を投げかけさせてください。それは、本当に誰もが正社員になりたいと思っているのか? という点です。データをひとつ紹介します。

 《若年者雇用実態調査(経済産業省/2013年)によると、非正規で現在、在学していない人に対し、今後どのような働き方を望んでいるかを問うと、約半数は「正社員として働きたい」と回答している》

 という結果が出ているのです。

 半数ということは、残りの半数は正社員で働くことを望んでいないということです。実際、非正規社員として働く方々に取材をしてみると、時間に縛られた働き方はしたくない、責任ある仕事には就きたくない、複数の職場で働いていたい――など、正社員になりたくない気持ちを話してくれた人がたくさんいました。

 誰もが正社員になりたいということを前提に考えるのは、やや乱暴だと認識しておく必要があります。このことを踏まえて、本題へと進んでいきましょう。

■ 企業業績の回復で、「壁」が下がり始めた? 

 非正規社員と正社員の高い壁について。壁が取り払われたとは言いません。ただ、企業の業績が回復しつつある現在でも、壁の高さは変わらないのでしょうか? 

 これまで本連載でも書かせていただいたように、非正規社員を除いた、正社員のみの有効求人倍率は1.0に近づく人手不足状況になりつつあります。この状況は、お互いの壁を下げるきっかけになっているのではないでしょうか。取材していくと、その気配を感じることができました。

 非正規社員を正社員として採用する雇用転換が、サービス業、飲食業などで増加傾向にあります。昨年度、ユニクロがアルバイト1.6万人を正社員に転換することが話題になりましたが、実際、社内の非正規社員から正社員への登用制度を活用したキャリアパスを活性化するケースが増えています。

 厚生労働省の調査によると、多様な雇用条件で社員を採用している企業のうち、約40%は非正規社員から多様な正社員への転換制度や慣行があり、約30%は転換実績がある、とのこと。また、その転換実績は増加傾向にあるようです。

■ 紹介予定派遣はなぜ広がらない? 

 加えて、通常の採用活動で、非正規社員を正社員として採用するケースはどうか?  その場合には

 ・適正、能力の判定

 ・職場への順応性

 などを、正社員経験者より時間をかけて見極められるなら推進したいとする、やや慎重な回答が大半でした。非正規社員をいきなり正社員で採用するのではなく、「見極める機会」が必要ということのようです。


ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・人材紹介・仕事紹介
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修
看看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師の転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介

日本の派遣は保護されているのか

人材派遣

▼【結論】竹中平蔵氏の発言「日本の正規労働ってのが世界の中で見て異常に保護されている」の大ウソ
(1)日本の正社員の雇用保護は、OECD34カ国中、雇用保護が低い方から10番目、高い方から25番目。世界の中で見て日本の正社員の雇用保護は低い。(日本の非正規労働者の雇用保護は、低い方から9番目、高い方から26番目。いずれも2013年のOECDデータ)
(2)実際に日本の職場では、ロックアウト解雇など正社員への乱暴な首切りが横行している。目が細いからという理由で解雇された正社員の女性や、ジョークがおもしろくないという理由で解雇された男性正社員も実際にいる。
(3)とりわけ、女性正社員は、マタハラ等で退職を余儀なくさせられている。年齢階級別労働力率の主要先進国との比較で、30歳代に落ち込みが見られるいわゆる「M字カーブ」を日本だけが描くのは、「日本の女性正社員が世界の中で見て異常に保護されていない」ことを示している。
(4)1年間で、過労死が283人、過労自殺が177人、精神障害の労災請求件数が1,409件(前年度比152件増)と過去最多(いずれも2013年度の請求件数)。過労死・過労自殺で460人、1日に1人以上が仕事によって命まで奪われている。この9割が正社員。仕事に命まで奪われる日本の正社員のいったいどこが「異常に保護されている」のか?
(5)日本の正規労働の中で最も守られていると言われている国家公務員も一度に525人が首切りされている(2009年12月)。首切り後、失業保険なし。これのどこが「異常に保護されている」のか?

ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介

シニア派遣のタブー

人材派遣

シニア派遣のタブー

「65歳を過ぎても働きたい」「62歳でいったん辞めちゃったけど、もう一度働きたい」――高齢者雇用安定法の改正で、サラリー族は65歳までは働けることになったが、元気なうちは働きたいと考える人は多い。しかし、実情が厳しいのは言うまでもない。入社後に辞めさせられる人もいる。シニア人材派遣のパイオニア、その名も「高齢社」の幸山明雄社長に“シニア新人のタブー”を聞いた。

 同社は2000年1月、東京ガスOBだった上田研二氏(現最高顧問)が創業した。

 当初の派遣先は東京ガスやその関連会社が多かったが、今では飲食店調理補助、運転代行、寝具清掃など業種を広げている。現在の登録者(60歳から75歳まで)686人のうち、昨年は320人を派遣、斡旋した実績を持つ。

【1】現役時代の後輩・知り合いを「君」「ちゃん」付けで呼ぶ
「こう言ってしまうと『当たり前』の話に聞こえますが、実は派遣先から一番クレームが多いのがこのパターンです。特にうちの場合、東京ガスのOBが東京ガスやその関連会社に派遣されるケースが多いので、上司がかつての部下だったり、受注元だったりします。すると顔見知りだけに気の緩みが出て、ついつい昔の人間関係を持ち出してしまう。これを極力避けるため、ウチでは登録者全員に、派遣先企業の人はたとえかつての部下であっても『さん』付けで呼ぶよう徹底指導しています」

【2】現役時代の自慢話をする
「これも【1】につながりますが、派遣先企業にかつての部下がいたりすると、本人は後輩に教えるつもりで<俺の若い頃は通産省を相手に……>などとやってしまう。これが派遣先からすると<先輩風を吹かされた><煙たいOBがやって来た>となってしまう。どこの会社でも同じですが、教えた方がいいと思っても、過去の自慢話は控えた方が無難でしょうね」

【3】IT、スマホ音痴を吹聴する
「50代後半の人はそんなことないと思いますが、60代後半にはまだこの手の人がたまにいるんですよ。<俺の時代はキチンと手書きで礼状を送ったもんだ>なんて言って、パソコンやスマホを使えないことをちっとも悪びれないタイプ。しかし、ハッキリ言ってこれは時代遅れです。“ワード、エクセルを自在に使いこなせ”とまでは言いませんが、少なくとも派遣先が使っているソフトはなんとか使えるまで“若手社員に教えていただく”という姿勢が大切です」

【4】「○○一筋」を強調する
「“経理一筋”や“総務一筋”も決して悪いことではないし、もちろん重宝される場合もあり得ます。しかし、一歩間違うと“それしかやらない”と受け取られかねない。面接の場合などには“職務経歴”として淡々と述べるにとどめたほうが安全でしょう」

【5】制服のボタンが留められないほど太っている
「ここで強調したいのは“超肥満”ということより、実は“服装、身だしなみ”のことです。現役だろうがシニアだろうが服装がキチンとしているに越したことはありません。キチンとして見えない理由で最も多いのは、やはり超肥満ですね。支給されたユニホームのボタンが留められないなどの事態に陥らぬよう、普段からの節制は必要です」

【6】派遣先の人(上司も部下も)はすべて「お客さま」と思え
「派遣社員である以上、給与を払っているのは当社ではなくあくまで派遣先企業、つまり派遣先企業は“お金を払ってくれるお客さま”なのです。そこを間違えると当社にとっても困った事態となる。トラブルを避ける意味でも、頭に叩き込んで欲しいところです」

 シニア派遣のパイオニア社長の発言だけに、重みを肝に銘じたい。








ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ウインディーグループ : 松阪 人材派遣・製造求人・工場求人・看護求人・介護求人
ケアーズ訪問看護リハビリステーション松阪 : 松阪 訪問看護・リハビリステーション
託児所ピーカーブー : 三重県松阪市で24時間対応
松阪 看護師の求人NAVI : 看護師・介護士求人情報
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
スカイネット介護職員初任者研修課程 : 介護職員初任者研修・介護・介護資格
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介
看護師ナースの転職の味方 : 看護 求人 転職 派遣・人材紹介

プロフィール

人材のウインディーグループ

Author:人材のウインディーグループ
主に三重県松阪市を中心とした
人材派遣会社です。
製造・事務・介護・サービス業など
お好きなお仕事を選べます。
まずはお気軽にご登録ください。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

★☆★☆★☆★☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。